B型肝炎訴訟なら法律事務所アスコープ B型肝炎訴訟
0120202010 0120-20-20-10
24時間土日も受付中

お問い合わせフォームからご相談

B型肝炎訴訟とは

B型肝炎訴訟とは、幼少期に受けた集団予防接種等の際に注射器が連続使用されたことによってB型肝炎ウイルスに持続感染した人々が、国に対し損害賠償請求を求めた訴訟です。

最高裁判決により国の責任が確定したことを受けて、立法措置(※)がなされ、一定の条件がそろった場合には、病状に応じた給付金が支給される給付金制度ができました。

この制度の特徴は、国を被告として国家賠償請求訴訟を提訴する必要があり、同裁判において、B型肝炎に持続感染した原因や病状との間の因果関係等の認定がなされて初めて給付金が支給されることです。

そのため、B型肝炎や医療記録の読み方等に詳しい弁護士のサポートを受けることをお勧めしております。

※特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法

給付金額

病状 給付金額
死亡・肝がん・肝硬変(重度) 3600万円
死亡又は発症から20年を経過した方 900万円
肝硬変(軽度) 2500万円
発症から20年を経過した方で、現に治療をしている方等 600万円
発症から20年を経過した方で、治療等を受けていない方 300万円
慢性肝炎 1250万円
発症から20年を経過した方で、現に治療をしている方等 300万円
発症から20年を経過した方で、治療等を受けていない方 150万円
無症候性キャリア 50万円+定期検査費用
発症から20年を経過していない方 600万円

受給条件

給付金の対象者は、一次感染者(集団予防接種によって直接B型肝炎ウイルスに感染した方)及び二次感染者(一次感染者からの母子感染者)です。
また、一次感染者または二次感染者がお亡くなりになられている場合には、ご遺族が対象者になります。

※父子感染者、三次感染者についても、ご相談を承っております。

一次感染者の受給条件

  • B型肝炎ウイルスに持続感染していること
  • 0歳~7歳になるまで集団予防接種を受けていること
  • 集団予防接種等における注射器の連続使用があったこと
  • 母子感染ではないこと
  • その他集団予防接種等以外の感染原因がないこと

二次感染者の受給条件

  • B型肝炎ウイルスに持続感染していること
  • 母親が一次感染者であること
  • 母子感染であること

B型肝炎訴訟を詳しく知りたい方へ

B型肝炎訴訟・相談室

Q1B型肝炎ウイルスに「持続感染」しているとはどういうことですか?

Q27歳までに集団予防接種等を受けていることという条件は、
どのようにして立証すればいいのですか?

Q3「母子感染でないこと」という条件はどのようにして立証するのですか?

Q4私だけではなく、私の子どもにもB型肝炎ウイルスがあるようなのですが、
このような場合、子どもは請求できるのでしょうか?

Q5母子感染であることは、どのようにして立証するのでしょうか?

Q6死亡した父の給付金を請求したいのですが、自分以外の家族は消極的で困っています。
自分だけでも依頼はできますか?

Q7母親が5年以上前に死亡しているのですが、まだ資料は残っているものでしょうか?

B型肝炎訴訟のご相談ホットライン

ご相談は、メール・お電話・ご来所すべて無料で承っております。

お電話からのご相談

フリーダイヤル 0120-20-20-10

24時間土日も受付中

お問い合わせフォームからのご相談

お問い合わせはこちらへ